工事の流れ

現地調査

まず、現地調査をします。現地調査をすることにより、適正な費用を算出することができます。
現地調査の内容は、主に以下のとおりです。
 ・建物の延床面積・建物の構造・乗り入れ可能なトラック・外構、植栽の有無、規模
・養生シートの種類、面積 など
お立会の上、建物内部を拝見する事により適正な費用を算出することができます。

見積書作成

現地調査に基づき、見積書を作成し、ご提示することになります。

近隣挨拶

実際に解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。
そのため、近隣の皆様にご挨拶・説明をし、ご納得をしていただき、円滑に工事を行えるようにします。

引込配管、配線の撤去の手配

ガス、電気などがつながったまま工事を行うと大変危険です。
そのため、ガス、電気、上下水道、電話の引込配管、配線の撤去の手配をいたします。 手配後、専門の業者により、撤去を行います。

足場養生の組立

解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。通常、木造では丸太を、その他の構造においては単管足場を使用します。
その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリの排出を最小限に食い止めます。

工作物等の撤去

建物本体から取り外すことのできるものを撤去します。除去するものは以下のとおりです。

・窓ガラス・ドア・住宅設備・ゴミ など

建物本体の解体工事

壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし、撤去していきます。ここで、ほこりが飛ばないように、水をまきながら作業をします。

処分場受け入れ

産業廃棄物の処分場に分別した廃材を受け入れていただきます。
木材は、チップ、燃料などにリサイクルされます。コンクリートガラは、セメントや埋立などに使われます。

地中障害物の確認

解体終了後、新しく家などを建てるときに最も問題になるのは、いざ家を建てるときに廃材が中に残っていたり、その下にコンクリートが入っていて、またその部分を除去しなければいけないことです。
こうなれば、何のために解体をしたのか分かりません。このようなことにならないためにも、弊社では解体後、もう一度、重機で地面を掘り、地中障害物がないかどうか確認をします。

整地

ブルドーザーなどで地面を平らにします。
また、さらに見栄えをよくするために、玉砂利などを敷くこともあります。

工事完了

解体工事完了後の現場確認をして頂き工事完了とさせていただきます。

取り組み

騒音対策

低騒音の建設機械を使用(建設機械の操作を丁重におこなう)

作業時間の徹底(早朝や深夜の作業回避、連続作業を控えておこなっております)

外部対策

防音シート、騒音パネルの設置

その他

説明会を実施し、近隣の方や作業内容や工期について理解を求める

法律、条令に基づく各種標識を設置し週間工程表や工事責任者、連絡先を明示する。

必要に応じて騒音計を設置しその他を随時住民が確認できるように致します。

アスベスト撤去工事

技術力を駆使した撤去工事をおこないます。アスベスト除去・撤去工事やアスベストを使用した建物解体工事や処理には作業時のアスベストの飛散防止を防ぐ目的の大気汚染防止法施行規則や作業員の安全を確保する労働安全衛生規則(特定化学物質等障害予防規則)や作業環境測定法施行規則廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則などの法規に基づいた施工工事の義務があります。
当社では、アスベスト除去工事はもちろん、除去後のアフターフォローまで万全を期しています。

安心工事保証制度

工事をご依頼頂いたお客様には、施工後のアフターフォローも万全の体制で対応しております。万が一施工に不具合やご不満などがございましたら、無償で迅速に御対応させて頂きます。小さな修理・修繕工事なども特別価格でお受けいたします。

 

不用品処分・遺品整理

リフォーム、引越しなどによる不良品回収、粗大ごみの処分残置物処理や遺品整理にも柔軟に対応することが可能です。
ご自身では処分できない家財にお困りの方、お店が廃業した後に残った不用品・機材なども対応しております。オフィスなどの移転による、パソコンなどの不用品回収、処分も対応しております。ぜひ、ご相談下さい。

助成金制度について

 

木造住宅耐震化助成事業(東京都)

掲載元:

(財)東京都防災・建築まちづくりセンター

03-5778-2790

木造住宅密集地域のうち、防災都市づくり推進計画に定められている整備地域は、地震発生時に木造住宅が多数倒壊し、道路閉塞により、避難や救急・消火活動に支障を来たす恐れが高い地域です。
このため都は、平成18年度から、整備地域を対象に、区と連携して木造住宅の耐震診断及び耐震改修への助成を行っています。詳しくは建物の所在する区の窓口にご相談下さい。

住宅の耐震
・住宅耐震化及びバリアフリー化補助金のご案内
・分譲マンション耐震化助成

日野市ホームページ(関連サイト)

 

ブロック塀などの撤去工事および改良工事に係る補助制度

日野市ホームページ(関連サイト)

 

八王子市ホームページに記載されていますのでご覧ください。

八王子市ホームページ(関連サイト)

 

杉並区

世田谷区

中野区

豊島区

その他エリアは、下記をご参照ください。

木造住宅耐震化助成事業(東京都耐震ポータルサイト)

緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成(東京都)

緊急輸送道路とは、震災時に避難や救急・消火活動、緊急物資輸送の大動脈となる幹線道路をいいます。震災の被害を最小化し、早期復旧を図るためには緊急輸送道路沿道の耐震化を進め、建物の倒壊による道路閉塞を防止することがとりわけ重要です。
東京都では、緊急輸送道路の機能を確保するため、区市町村と連携して、緊急輸送道路の沿道の建物で地震により倒壊し、道路を塞ぐおそれのある建物を対象に、耐震診断、耐震改修の助成を行っています。

緊急輸送道路図(東京都耐震ポータルサイト)

上記地図に表示されているとおり、【1】特定緊急輸送道路沿道助成【2】緊急輸送道路沿道助成に分類され、

  1. 特定緊急輸送道路沿道助成に該当する場合は、都内で稲城市・羽村市・瑞穂町・日の出町を除き助成に該当致します。
  2. 緊急輸送道路沿道助成に該当する場合、千代田区・港区・台東区・渋谷区・中野区・板橋区・練馬区・足立区・八王子市・立川市・町田市においては助成金の対象となります。

耐震化助成制度(東京都耐震ポータルサイト)

区市町村の相談窓口(東京都耐震ポータルサイト)

アスベスト除去に関する補助金(区市町村)

建築物に吹付けアスベスト等が使用されているかを調査したい場合、または、建築物に吹付けアスベスト等が使用されており、それについて除去等の対策工事を行う場合、東京都内では以下の一覧に記載されている自治体で補助を受けることができます。
自治体によって補助の内容が変わりますので、詳細については各自治体にお問い合わせください。

対象:
千代田区・港区・新宿区・台東区・品川区・目黒区・大田区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区

建築物のアスベスト対策(東京都都市整備局)

ブロック塀撤去に関する補助金(東京都)

昨年6月に発生した大阪北部地震によるブロック塀の倒壊被害を踏まえ、ブロック塀等の倒壊による人的被害を防ぐため、民間のブロック塀等の撤去や新設等を行う者に対し補助金を交付する区市町村に対し、都は補助を実施しております。

対象:
千代田区・港区・新宿区・文京区・台東区・品川区・大田区・世田谷区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・武蔵野市・調布市・町田市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・清瀬市・多摩市・稲城市・あきる野市

民間のブロック塀の撤去等に対する支援を開始します(東京都)

上記助成金につきましては、令和元年7月5日時点での情報となります。また、自治体の予算等により打ち切られる可能性もありますので、必ずご自身でご確認をお願い致します。

 

お問い合わせについて

営業時間(平日9:00~18:00)

FAX、メールにつきましては年中無休で対応しております。

FAX番号 042-511-7253

 

お見積り無料

まずはお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

施工工事中・施工工事予定

 

現在解体工事中、解体工事予定、地域のご紹介

東京都

大田区 3現場

練馬区 3現場

豊島区 1現場

台東区 2現場

北区  3現場

日野市 1現場

青梅市 1現場

神奈川県

大和市 1現場

中区  1現場

磯子区 1現場

千葉県

船橋市 1現場

埼玉県 

三郷市 1現場

 

 

 

 

 

施工事例

 

横浜市中区木造2階建て鋼板葺屋根解体工事

葛飾区南水元木造瓦葺2階建解体工事

千葉県船橋市木造解体工事

板橋区舟渡木造解体工事

 施工・工事前 

墨田区八広4丁目木造亜鉛メッキ鋼板葺2階建解体工事

 施工・工事前 

練馬区土支田4丁目木造亜鉛メッキ工事

横浜市磯子区 木造2階建解体工事

川崎市多摩区宿河原 プレハブ建解体工事